がんを経験した看護師の未来ライフカウンセリング  関口陽子Official Site

未来ライフカウンセラーとしての想い

はじめまして。

未来ライフカウンセラー関口陽子です。

未来ライフってなに?って思われますよね?

 

それはね。

 

仕事も趣味もちゃんとやる。

好きなことももちろん楽しむ。

自分も家族も友人も大切にする。

 

そのためには体が第一。

体からのサイン、見逃していない?

体からの声、聞こえないふりしていない?

 

体の些細な疑問や不安。

病院に行くまでもないけど、聞きたいこと。

ほんとはありますよね?

 

放っておくと、あとで苦しむのは自分自身です。

今のうちに解決して

未来の健康を自分で作っていこう。

 

そのために、女性に知ってほしい

今からできるカラダケアを提案したり

相談に乗ったりするのが私、未来ライフカウンセラーです。

 

 

実は私、21歳のときにがんになりました。

足の骨にできたがんは、診断されたときにはかなり大きくなっていて、

命の危険もありました。

 

なかなか専門医に出会えなくて、診断がつかなかった半年間。

あの時間をもう少し短くできていれば

私の足は、もっと足の機能を残せたかもしれない。

 

そんな後悔もあったので、

体のサインにはちゃんと気づいて、早めに対処してほしいっていう想いがあります。

 

 

未来の健康は自分で作る。

そんな人を増やしていきたいので、

些細なことでもご相談くださいね。

 

最新投稿

  • 【生きてくために必要だったから】

    最近続けて聞かれたこと 「今まで何回手術受けたの?」 取材だったり、友達からだったり 状況は全然違うけど 自分でも忘れそうになっていたので(おい笑) 書いておこうと思った次第です . さっそく本題 . 2003年3月 針 …

  • 【がん患者さんてすごい】

    コロナの混乱が少し落ち着いてきて 仕事とか飲食とか買い物とか 今までとは形を変えながらも 再開してきたこの頃   この数か月の混乱の中ずっと思ってた     がん患者さんてすごい &nbsp …

  • 【Stay at Home】

    同僚が感染してしまい 自宅待機となってしまった今週   なにが悔しいって 受けれるはずの医療を受けられなくさせてしまったこと   コロナはもちろんそうだけど それ以外でも医療を必要としてる方たちもたく …

  • 【一年に一回の日】

    2003年に腫瘍切除してから早17年 5年生存率とか10年生存率とか そんな言葉があるので 術後10年までは ほんとに自分が生きられるのか 不安でいっぱいでした     人工骨が破損したり ねじが抜け …